Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2008

ルーシー・リーのボタン

「ウィーンからきたボタン作り」とバーナード・リーチはルーシー・リーを
友人に紹介していました。

1940年代初め、ルーシー・リーはアクセサリーやボタンを作るビミニ
工房を主宰していたフリッツ・ランプルに勧められて陶器でボタン作りを
していたのです。その頃ルーシー・リーは厚く重い陶器を作らなくてはいけない、
とバーナードリーチにアドバイスされて自分の作品に自信がもてなくなって
いました。

そのような時に生活の為に始めたボタン作りはウィーンで学んだ釉薬の知識を
いかせるものでもあったのです。色とりどりのボタンはオートクチュールの
ファッション業界にとって大きな魅力になりました。戦時中「朝も昼も夜も
キャベツ!」と語ったルーシー・リーにとってボタン作りは生活を保障して
くれる仕事でした。

この時期大量に作られたボタンは後に三宅一生氏のファッションショーにも
使われました。ルーシー・リーはまた、ボタンだけでなく傘の取っ手やベルトの
バックル、ブローチなどのアクセサリーも陶器で作っています。

戦後、ルーシー・リーの「ボタン工場」が再開されたとき、工房は何人もの
人が働く活気ある場所になっていました。

そんな1946年のある日、仕事を求めて一人の青年がアルビオン・ミューズの
工房を訪れました。

後にルーシー・リーの無二のパートナーとなるハンス・コパーです。
この時ルーシー・リー44才、ハンス・コパーは26才でした。