Skip to main content

Posts

Showing posts from 2014

『ルーシー・リー』とスカーレット・オハラの言葉

エマニュエル・クーパー氏の最後の著書となった『ルーシー・リー』は全14章から成っている。今まで知られていなかったルーシー・リーのウィーン時代、家庭環境、危機迫るウィーン脱出、ロンドンでの新生活、キャリアを確立していくアルビオン・ミューズでの生活、釉薬のレシピや技法、その交友関係を含めて詳細に紹介されている。

その中で、ナチスドイツのヒトラーがウィーンに侵攻した時、ルーシーが『風と共に去りぬ』を読んでいたという描写がある。いうまでもなくそれはマーガレット・ミッチェルの書いたアメリカの南北戦争時を描いた小説だ。

クーパー氏の著書では、6章のタイトル「明日はまた別の日」は、主人公スカーレット・オハラが最後に、明日に希望を託してつぶやいた言葉から採られている。原書では「Tomorrow is Another Day」。

小説では「明日は明日の風が吹く」と訳されたがこれはないだろう。スカーレット・オハラがこのセリフを吐くとはとても思えない。そのような投げやりな言葉ではなく、

「私にはタラ(故郷の地)がある、どうすれば良いか明日考えよう。結局どうあろうと明日という別の日がある」

という希望をつなぐ言葉なのだと思う。

「新しい明日は、必ず来る」とか「明日という日がある」と訳されるのもある。
スカーレットの意思を問うなら原文そのままに、「明日という日がある」の意味合いが自然だろうと思う。

ルーシー・リーの生き方を見るとき、危機に際して「明日はまた別の日」とつぶやいたスカーレット・オハラにルーシーが自身を重ね合わせたであろう、とする著者の思いもまた自然に思われる。



ルーシー・リーの伝記日本語版

日本語版の準備の過程で、表紙の写真が大きな課題となりました。
原書は著者が撮影した最晩年の姿。バックにはボタンの押型が天井まで重ねられ、写真のセピア色と合わせてルーシー・リーの歴史と時間を感じさせます。ゆったりと時が流れ、ルーシーの一生がこの一瞬に凝縮された印象があります。

しかし、日本によく知られたルーシー・リーのイメージとは異なり、あまり馴染みがありません。日本語版の表紙写真は60年代のルーシー・リー。国内外での作品の人気と名声が高まり展覧会開催の依頼が引きも切らず押し寄せ始めた頃のルーシーです。

写真は両方とも同じ場所、同じろくろ、同じ背景で撮られていますが、日本語版の写真に写るルーシーは、日本での展覧会にも紹介されてきた60年代当時の多くの写真のイメージと重なります。また、今でも生き生きと語り継がれるルーシーの物語にふさわしいエネルギーと意志の強さが表情に映し出され、卓越した技術をも連想させるこの写真を日本語版には使おうということになりました。もちろん、写真を替える事も出版契約で了解されています。

両方ともすてがたい写真です。みなさまはどちらが良いと思われるでしょうか。

ルーシー・リー モダニズムの陶芸家 - by Emmanuel Cooper

Lucie Rie:  Modernist Potter - by Emmanuel Cooper
邦題『ルーシー・リー モダニズムの陶芸家』
日本語版が出版されました。

原書はイェール大学出版のエマニュエル・クーパー著、「Lucie Rie: Modernist Potter」です。著者のエマニュエル・クーパー氏は、自身陶芸家、王立美術大学院客員教授、研究者、ゲイの解放運動に大きくかかわった活動家、また、イギリスの陶芸誌「Ceramic Review」の創始者・編集者、といった多彩な顔を持つ著名な作家です。

本書を書き上げた直後にガンのために73才で亡くなりました。徹底した資料しらべと遺族、友人や関係者の証言とによって、ウィーン時代のルーシー・リーに多くの誌面を使っています。今まで知られていなかった事実を掘り起こし、モダニズムを体現する作品を生み出したルーシー・リーの家庭環境、母親との確執、ナチス統治下のウィーンからの緊迫した脱出、その後のバーナード・リーチとの邂逅、無二の友情を築き上げたハンス・コパーとの出会いなど、豊富な釉薬レシピや技法とともに紹介する、まさに初めての包括的なルーシー・リー伝記と言えるでしょう。