Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2015

ハンス・コパーのディスクは今?のその後

2012年7月28日の投稿に「ハンス・コパーのディスクは今?」と題した記事がある。

先日関係者にその後のディスクの行方を聞いたところ、意外な事実が明らかになった。オークションで、美術館ではなく個人の方の所有になったということだったので、もう一般の人の目にふれることはなくなったと残念な気持ちを書いたが、実際のディスクはさらに数奇な運命をたどっている。

一旦購入されヨーロッパのある国に送られようとした矢先に、イギリス政府から待ったがかかったというのだ。イギリスでは重要な美術品を海外に持ち出すことを禁じる法律が出来ているが、今回のディスクは「輸送を禁じはしない、けれど一旦輸出されても、イギリス政府が返却を要求した場合はいつでも元の状態でイギリスに返却すること」という条例だか法律が決められそれにひっかかっているというのだ。

いつ返還を求められるかわからない作品を自国に持ち帰るというリスクを犯すコレクターはそういないだろう。どのような結果になるのかわからないが、今のところまだディスクはイギリスの倉庫で眠っているという。イギリス国内の美術館が購入できれば最も良い解決法なのだろうか。このディスクが発見されたいきさつ、日本で展示され、もとの居場所にもどれずに売りに出された経緯を考えるとまさにコパーにふさわしい数奇なストーリーに思われる。

ともあれこれは、コパーのこの作品がイギリスにとって重要だと認められたことを物語っているだろう。