Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2017

ルーシー・リーの鉢2点、銀座で展示

銀座の「懐食みちば」でルーシー・リーの鉢2点が展示されています(次の展示替え時期は未定)。今回は背の高い花生けは展示されていませんが、ルーシー・リーらしいピンクの掻き落としと溶岩釉の鉢です。いずれもルーシー・リーの特徴的な作品として数多くの展覧会に出品されてきたものです。

ルーシー・リーの登った丘、ハンス・コパーの遺灰

ルーシー・リーとハンス・コパーの友情はよく
知られたところです。

1981年6月、ハンスはフルームの自宅で亡くなりました。

昨年の夏、ハンス・コパーの遺灰がまかれた丘に行きました。
NHKの日曜美術館取材のときはだいたいの場所しか
わからなかったのですが、今回はコパー夫人のジェイン・コパーと
その息子が一緒でした。

ジェインの思い出すままに車を走らせ
まさにこの丘という場所に止めて車を降りました。

ここはハンス・コパーとジェインが家族や友人とよく
訪れ駆け回った場所といいます。その当時の写真がいくつか
残っています。若々しいジェインが子供達と走っている、、。

丘には牛や羊が放たれ、人が近づくと遠くに離れて
人間をじっと観察しています。実際にその場所に立つと
かなり急な斜面です。

61歳で亡くなったハンスは生前、この丘に
遺灰を撒いて欲しいとジェインに遺言していました。
火葬されてのち、ジェインはルーシー・リーと
一緒に遺灰を入れた缶を持ってこの丘に登りました。

途中で牡牛に追われて逃げ、遺灰を撒き散らしながら
ここを駆け上ったという。いかにもルーシー・リーらしい
エピソードもあるので今度ご紹介しましょう。

それから14年後、ルーシー・リーの遺灰も同じ丘に
撒かれました。