Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2010

ルーシー・リーの素焼きボタン

岩手県立美術館で開催中のハンス・コパー展に
ボタンやブローチが展示されている。

その中に他とは表情の異なる葡萄色のボタンが2点ある。
素焼きに釉薬が塗られてそのまま完成していないボタンだ。
写真がないので美術館でご覧頂くほかないのですが。

ルーシー・リーもハンス・コパーも素焼きをせず
一度焼成で作品を制作したことは良く知られている。
そのためにどこまでが粘土そのものでどこからが
釉薬か化粧泥かはっきりと見極めることは難しく
それらが一体となった豊かな表情が特徴だ。

ところがボタンは素焼きしたものが何点か残されている。
ボタンに関しては型を使い素焼きして釉薬を塗り本焼き
する通常の陶芸制作方法をとっている。

これはボタンの制作が量産体制であったこと、素焼きして
準備しておくことで注文に素早く応える必要があったためと
思われる。数年前の三宅一生氏のルーシー・リー展では
600点以上にもなるボタンが展示されていた。すべて
色とりどりに釉薬の塗られた美しいボタンだ。

ボタンは今でもたまにロンドンのボタン専門店で
ルーシー・リーのボタンが売りにでる。けれど未完成の
素焼きボタンに魅力を感じるのは恐らく美術館だけだろう。

そのおかげで私たちは素焼きのボタンを通して制作の
過程をかいま見ることができる。そして戦争が終わって
明るい色のボタンがどんなに魅力的に輝いたことか
時代に想像を巡らせることもできる。

岩手県立美術館でのハンス・コパー展

山に囲まれた美しい街盛岡の岩手県立美術館
ハンス・コパー展が開催されています!

数々のワークショップやイベント関東や
他県からの申し込みも多く関心の高さが伺えるといいます。

また岩手でコパーが見られるなんて感激、という声が寄せられて
いるそうです。東北での唯一の開催とあって新聞やテレビの
サポートも厚い。ここでの展示構成は今までの巡回館と異なり
コパーと強い繋がりのあるルーシー・リーの作品が二人の
出会いの頃のコーナーにまとまっています。

雪の街、盛岡へハンス・コパーとルーシー・リーに会いに
行きませんか?