Skip to main content

Posts

Showing posts from November, 2010

中田英寿さんがハンス・コパー展へ

東京の汐留ミュージアムでは最後の2日間は開館以来始めてと
いう入場制限をしたほど多くの方が見に来られた。

その後ハンス・コパー展は東京の汐留ミュージアムから
岐阜県現代陶芸美術館へ巡回し、その岐阜会場も
残すところ3週間あまりとなった。

岐阜でもコパー展は好評のうちに進んでいるという。
オープン前夜には元サッカー選手の中田英寿さんが
見に来られた。沖縄から今年はずっと日本の工芸を
テーマにまわっているとのことで、館長と学芸の方が
会場を案内しておられた。

美術館を含む複合施設であるセラミックパークMINOの
建築は磯崎新の設計で美術館展示室は、吊り免震構造で
世界初となる「並進振子免震システム」を採用しているという。

ここの美術館ではヨークシャーの学校から借用している
ディスクの壁が特別な位置に設置されている。
全6会場のうち、唯一ディスク壁が大きなガラスを通して外に
面しているのだ。

ディスク作品の向こうに輝く緑の木々が見える。
自然光の中で見るディスクはきっとコパーが学校に設置した
時と同じ表情をしているのだろう。