Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2019

ルーシー・リーとハンス・コパー物語 14 ルーシーのポートレート写真

ニューヨーク・タイムズで「運命が二人の出会いをもたらした・・・」と紹介されたイギリスの陶芸家ルーシー・リーとハンス・コパーは、バーナード・リーチとともに20世紀陶芸の巨匠と目されます。二人はナチスから逃れてロンドンで出会いますが生涯稀有のパートナーシップと友情で結ばれ、彼らの作品はお互いを抜きに語ることはできないと言われます。その二人の物語を紹介していきます。


サンダー叔父のアパートを借りられることになったハンスとルーシーはプリシュケに家具のデザインを依頼した。家具調度品ができあがり、ようやく住む準備が整ったのはルーシーの実家で3年弱を過ごした後の1929年の事だった。

ある時、ルーシーたちの住むアパートに写真家のロッテ・マイトナー=グラーフが越してきてルーシーと友人となった。当時、著名なポートレート写真家だったロッテ・マイトナーはルーシーの美しさに魅了され、ルーシーをモデルとしたいくつかの写真を残している。
この頃ルーシーは、旧姓のゴンペルツと夫ハンスの姓リーの両方を使い、作品にはルーシー・リー=ゴンペルツ( LRG)とサインした(後に「ゴンペルツ」はドイツを想起させるということで「ルーシー・リー(LR)とサインするようになった)。

また、素焼きをせず生の作品に直接釉薬をかける一度焼成の作品は、粘土素地、化粧泥、釉薬が反応しあって独特の表情を作る。ルーシーはその方法を後にロンドンに渡ってからも生涯続けた。


ルーシー作陶に没頭し、ハンスは食事が終わると仲間とカフェに出かける日常がルーティーンになりつつあった。